2017年の大河ドラマ『おんな城主 直虎』を予習……しない!

井伊家の家紋さて、真田丸ロスな皆さま、こんにちわ。

いやー、最終回もよかったですね。合戦シーンがシンプルだった感も残りましたが、なにより殺陣が見どころでしたね。あれはよかった。気合が伝わってきました。また全編見直したくなる大河でしたね。

で、来年2017年の大河ドラマは『おんな城主 直虎』

徳川四天王のひとりであり譜代筆頭となったかの赤鬼・井伊直政の育ての親であり、女ながら井伊家受難の時を守り抜いた当主であります。戦国細腕繁盛記。

彦根駅前にある井伊直政公騎馬像

例年は次の大河ドラマの予習記事を起こしているのですが、今回はあえて予習しない。

予習であれば、以下、武将ジャパンさんの「井伊直虎」カテゴリーの記事を読んでください。一般的に知名度も低いであろう井伊家の人物紹介なども充実していてオススメです。これだけ読んでおけばいいんじゃないかな。

おんな城主直虎 | BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

では、良いお年を!




というのもなんなので、以下、一発小ネタ。


私と井伊さんの思い出

実際、私個人にそういう思い出があるわけではなく、祖母と父から聞いた話を。かれこれ70年近く前の話です。

私の父の実家は滋賀県長浜市にございまして、石田三成出生の地のほど近くです。
70年以上前、私の祖父とその兄である大伯父がその場所に暮らしておりました。まだ学生さんの頃ですね。

その大伯父、永寿(えいじゅ)と申しますが、東京帝国大学(現在の東京大学)農学部に入学します。

ここで同学部の2年先輩であったのが、井伊掃部頭家第16代当主であった井伊直愛(いいなおよし)さんでした。

井伊直愛
引用:井伊直愛 – Wikipedia より

かの井伊直弼の曾孫さんですね。

「井伊の殿様だああああああああ!!!!!!」

と、永寿さんは世が世なら殿様である直愛さんを前に相当緊張してたそうです。が、同郷の好もあり交友があったそうで、後輩としてそれはそれはお世話になったのでした。

大学も卒業して長浜に戻っていた永寿さんですが、34歳のとき(昭和22年)に病気で亡くなります。
この時、井伊直愛さん、戦時中であるため彦根に疎開されていたようで、大伯父の葬儀にご参列くださりまして、お悔やみの言葉をいただいたそうです。

これにあたって当方の実家は大騒ぎになったらしく、

「殿様がくるぞおおおおおお!!!!!!!!」

となり、あわてて一族総出で家中の畳を全部張り替えたそうです。いやー、葬儀直前、本当に慌てふためいたそうですよ。

すでに昭和、華族制度も廃止されたこの時期においても、田舎ではまだまだ「殿様」が民の心中ではご健在だったのですねぇ。

なお、井伊直愛さんはこの後も彦根に滞在されており、市長となり、連続9期36年間の長きに渡って務められています。「殿さま市長」と呼ばれていました。(これは僕も生まれていたのでかすかに記憶にあります)

やっぱ今も「殿様」は健在で、永劫の概念なのですね。
ビバ殿様。


というお話でした。

なんせ私どころか父もまだ生まれていない頃の話なので、細かいところまでは聞けておらず。詳しい身内もみんな死んじゃってるので、もっと聞いておけばよかったなと絶賛後悔中です。

当家に若干でもつながりのある井伊家のサクセスストーリー『おんな城主 直虎』、楽しみです。

いっそ予習なんかせず、さまさまな説に振り回されず、純粋にドラマを楽しみましょう!(予習記事書く暇がなかっただけです。すみません)

最後に、アキバの戦国居酒屋にあった井伊家の甲冑の写真貼っときます。

井伊家の甲冑レプリカ

九州悪党三国志 〜戦国悪人列伝 その弐〜

九州男児と言えば、一本気で逞しく、酒豪である!と豪傑な男を想像します。「立花道雪」「高橋紹運」「島津家久」「島津義弘」といった九州男児の典型とも言える男達が歴史の表舞台で活躍する裏で、おもろい九州男児が多いことも事実です。今回はそういった九州男児の残念な部分を紹介します。

ぼじぃ市松前回から間が空いたけど、悪人列伝シリーズやるぞ!今度は九州編だ。やっぱすごいよな戦国九州三国志。

めがね治部少輔前半は地味だろー。前半の争い少弐氏と大内氏と大友氏の初期三国時代っていっても、いまでいう福岡・大分・佐賀・長崎の一部と小さいエリアでの覇権争い。今川了俊が務めた最重要ポスト”九州探題”があるのに、歴代の九州探題家 “渋川氏” 全然目立ってないし

ぼじぃ市松目立たないうちに滅亡…。まぁでも中期はわりと有名じゃないか?大友・毛利・龍造寺。まぁこれも九州北部のあらそいだけど。ところで島津、いつまでちんまい争いしてんだよ!

めがね治部少輔後期が有名な、島津・大友・龍造寺だな。それまでは本州の影響が残っていたが、ここからは九州男児の漢(ヲトコ)争奪戦だしな。 “九州悪党三国志 〜戦国悪人列伝 その弐〜” の続きを読む

梟雄とよばれて。 ~戦国悪人列伝 その壱〜

世が乱れる時、必ずでてくる乱世の梟雄。古くは中国の三国時代に現れた曹操。彼は乱世の奸雄と呼ばれていました。ロシア末期に出てきた怪僧ラスプーチンや文化大革命の江青なんかもそういうたぐいかもしれません。
ここ日本においても100年の長きにわたる戦乱の世にキラ星?のごとく現れ消えていった梟雄達。ある意味時代に華を添えたといっても過言ではないでしょう。

めがね治部少輔戦国の三梟雄といえば、『斎藤道三』『宇喜多直家』『松永久秀』っていわれるけどさぁ、日本三大梟雄でも『北条早雲』『斎藤道三』『松永久秀』で二人も被ってんだよね。

ぼじぃ市松しかも全員戦国時代だしな。重箱の隅をつつけば北条早雲は室町ですよねーって言うやつがいるかもしれん。まぁそんだけ早雲さんは先駆け過ぎってことだ。

めがね治部少輔それにしても、早雲を梟雄と呼ぶなら、尊氏とか清盛の方が梟雄値高いだろーよ。

ぼじぃ市松高師直なんかもかなり良い線いってるし、非道という意味で言えば尼将軍”MASAKO”がいっちゃん怖いし。 “梟雄とよばれて。 ~戦国悪人列伝 その壱〜” の続きを読む

思わずツッコんでしまう武将たちの肖像画 10選 (5位〜1位)

思わずツッコんでしまう武将たちの肖像画 10選 (5位〜1位)
武将たちの肖像画に対して突っ込みを入れてネタにするという、無礼千万なこのコンテンツ。世が世なら我々、切り捨て御免にござるな。とはいえ、前回10位〜6位までやってしまったので、もう上位分もネタにするしか残された道はありません。ということで、思わずツッコんでしまう武将たちの肖像画 5位〜1位にござりまする。
(10位〜6位はこちらでご覧いただけますぞ!!)

ぼじぃ市松武将の肖像画をネタにしてるってことで、今更ながら失礼な話ですな。

めがね治部少輔自分の写真を、自分のいないところでバカにされているのと同じなんでね。いい気分にはならんなぁ。

ぼじぃ市松ともあれ、我々「戦国時代、果ては日本史が全部好き」ということでお許しいただこう。

めがね治部少輔そうそう、許してね♪ ということで、思わずツッコんでしまう武将たちの肖像画 10選、後半戦。5位から1位まで、どうぞ。 “思わずツッコんでしまう武将たちの肖像画 10選 (5位〜1位)” の続きを読む

思わずツッコんでしまう武将たちの肖像画 10選 (10位〜6位)

思わずツッコんでしまう武将の肖像画 10選 (10位〜6位)
現在に残された、数々の武将の肖像画。それらを見ることで、われわれも、戦国時代の息吹を感じることができるのです。ありがたや、眼福にござりまする。
しかし、そこはほら、400年も前の絵画だったりするわけで、現代美術に慣れた目で見ると突っ込みどころもたくさんあるわけです。ということで、どうしても突っ込みたくなる肖像画のトップ10を、誠に勝手ながら選んでみました!
(すっとばして、5位〜1位はこちらでご覧いただけますぞ!!)

ぼじぃ市松武将の肖像画って、教科書にも載ってるし、誰でも見たことあるのも多いしな。信長、秀吉、家康、信玄あたりは誰でも知ってる。

めがね治部少輔肖像画見ると、急に親近感湧くよね。その武将に。あー、こんな顔してたのか、とか、こういう印象だったのか、悪そな顔してはりますなぁ、的な。

ぼじぃ市松そだな。みなさんにも親近感を持って突っ込んでいただきたく。
ということで、歴史雑談録が突っ込まずにはいられなかった武将の肖像画トップ10をまとめましたー。

めがね治部少輔長くなってしまったので、前後編の2回に分けるわ。
では、10位から6位まで、どうぞー。 “思わずツッコんでしまう武将たちの肖像画 10選 (10位〜6位)” の続きを読む

わしの城を返せ!! 華麗なる戦下手。天庵様こと小田氏治

一部の戦国時代好きの間では大人気となりつつある、「天庵様」こと小田氏治。
常陸の国の戦国大名である小田氏15代当主。かつ、最後の当主。彼の父、小田政治は室町幕府第11代将軍・足利義澄の弟に当たり、小田家そのものも鎌倉時代より続く名門である。が、血筋と強さは比例せず。
その生涯、数々の戦での負けっぷりに魅了された戦国ファンは数知れない!

めがね治部少輔というわけで、一部のマニアには超絶な人気を誇る、天庵様こと小田氏治さんです。

ぼじぃ市松以前に紹介した内ヶ島さんにも勝る、波乱の人生送った小田さんですね。マニアの間では、「おだ」といえばこの小田氏治さんだな。

めがね治部少輔「織田」はね、有名すぎてね。「弾正忠家」で通じるからね。 “わしの城を返せ!! 華麗なる戦下手。天庵様こと小田氏治” の続きを読む

冬の白川郷に散る… 内ヶ島氏理に学ぶ前代未聞の滅び方。

日本史上、この一族よりもインパクトのある滅亡を残した者はいただろうか。
そのツキのなさには誰もが涙し、時として滑稽ささえこみ上げる、そんな内ヶ島氏理ですが、その波乱万丈の人生は如何に?
世界遺産ともなった白川郷に花を咲かせ、そして散っていった、そんな内ヶ島ファミリーのお話です。

ぼじぃ市松長い日本史の中でさまざまな一族が、さまざまな理由で滅亡しておりますね。古くは物部氏や蘇我氏、近代史では乃木大将とか。そんな滅亡した人たちの中で、もっとも滅亡点が高いのが内ヶ島氏じゃーないでしょうか。ぶっちぎりで金メダル。

めがね治部少輔滅亡点って。それに乃木大将は別に滅亡してないぞ。殉死だバカ。 “冬の白川郷に散る… 内ヶ島氏理に学ぶ前代未聞の滅び方。” の続きを読む