2017年の大河ドラマ『おんな城主 直虎』を予習……しない!

井伊家の家紋さて、真田丸ロスな皆さま、こんにちわ。

いやー、最終回もよかったですね。合戦シーンがシンプルだった感も残りましたが、なにより殺陣が見どころでしたね。あれはよかった。気合が伝わってきました。また全編見直したくなる大河でしたね。

で、来年2017年の大河ドラマは『おんな城主 直虎』

徳川四天王のひとりであり譜代筆頭となったかの赤鬼・井伊直政の育ての親であり、女ながら井伊家受難の時を守り抜いた当主であります。戦国細腕繁盛記。

彦根駅前にある井伊直政公騎馬像

例年は次の大河ドラマの予習記事を起こしているのですが、今回はあえて予習しない。

予習であれば、以下、武将ジャパンさんの「井伊直虎」カテゴリーの記事を読んでください。一般的に知名度も低いであろう井伊家の人物紹介なども充実していてオススメです。これだけ読んでおけばいいんじゃないかな。

おんな城主直虎 | BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

では、良いお年を!




というのもなんなので、以下、一発小ネタ。


私と井伊さんの思い出

実際、私個人にそういう思い出があるわけではなく、祖母と父から聞いた話を。かれこれ70年近く前の話です。

私の父の実家は滋賀県長浜市にございまして、石田三成出生の地のほど近くです。
70年以上前、私の祖父とその兄である大伯父がその場所に暮らしておりました。まだ学生さんの頃ですね。

その大伯父、永寿(えいじゅ)と申しますが、東京帝国大学(現在の東京大学)農学部に入学します。

ここで同学部の2年先輩であったのが、井伊掃部頭家第16代当主であった井伊直愛(いいなおよし)さんでした。

井伊直愛
引用:井伊直愛 – Wikipedia より

かの井伊直弼の曾孫さんですね。

「井伊の殿様だああああああああ!!!!!!」

と、永寿さんは世が世なら殿様である直愛さんを前に相当緊張してたそうです。が、同郷の好もあり交友があったそうで、後輩としてそれはそれはお世話になったのでした。

大学も卒業して長浜に戻っていた永寿さんですが、34歳のとき(昭和22年)に病気で亡くなります。
この時、井伊直愛さん、戦時中であるため彦根に疎開されていたようで、大伯父の葬儀にご参列くださりまして、お悔やみの言葉をいただいたそうです。

これにあたって当方の実家は大騒ぎになったらしく、

「殿様がくるぞおおおおおお!!!!!!!!」

となり、あわてて一族総出で家中の畳を全部張り替えたそうです。いやー、葬儀直前、本当に慌てふためいたそうですよ。

すでに昭和、華族制度も廃止されたこの時期においても、田舎ではまだまだ「殿様」が民の心中ではご健在だったのですねぇ。

なお、井伊直愛さんはこの後も彦根に滞在されており、市長となり、連続9期36年間の長きに渡って務められています。「殿さま市長」と呼ばれていました。(これは僕も生まれていたのでかすかに記憶にあります)

やっぱ今も「殿様」は健在で、永劫の概念なのですね。
ビバ殿様。


というお話でした。

なんせ私どころか父もまだ生まれていない頃の話なので、細かいところまでは聞けておらず。詳しい身内もみんな死んじゃってるので、もっと聞いておけばよかったなと絶賛後悔中です。

当家に若干でもつながりのある井伊家のサクセスストーリー『おんな城主 直虎』、楽しみです。

いっそ予習なんかせず、さまさまな説に振り回されず、純粋にドラマを楽しみましょう!(予習記事書く暇がなかっただけです。すみません)

最後に、アキバの戦国居酒屋にあった井伊家の甲冑の写真貼っときます。

井伊家の甲冑レプリカ

[大河ドラマ] お江の子孫をまとめてみました。

今年の大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」の放送回も、いよいよ半分が過ぎようというところでしょうか。年末に「坂の上の雲」が放送されるので、11月で終了するでしょうからね。
おそらく、お江の死までがお話として放送させるでしょうから、先にお江の死後の歴史も予習しておきましょうかね。

ぼじぃ市松5月の時点で、羽柴秀勝への再嫁のくだりになるしな。彼女の旦那調教の本格化もこれからだ。

めがね治部少輔こちらのサイトにも、検索からで訪問くださる方もいらっしゃる方もございまして、「お江 子孫」のキーワードも多いことですし、お江の子孫をサクッとまとめてみようかな、と。

ぼじぃ市松いつも好き勝手やりすぎてるので、たまには需要のある記事でも書いてみようかなぁ、
と下心丸出しでございます。みんな読めよ。

めがね治部少輔お読みいただいている方は、いつもありがとうございます。
つか、下心でしか記事を書いたことがないけどな。
ということで、以下、お江の子女とその子孫の簡単なまとめにございまする。 “[大河ドラマ] お江の子孫をまとめてみました。” の続きを読む

2011年の大河ドラマ「お江〜姫たちの戦国〜」を大予習だ!

NHK大河ドラマ大奥シリーズ第三弾となる「お江〜姫たちの戦国〜」。江戸初期のおひいさまと言えば誰はばかる事無くこの人なんだけど、ちょっと影が薄いですよね….

ぼじぃ市松来年の大河ドラマ、お江だってね。ちょっと地味だよなー。

めがね治部少輔なんで? すげえじゃん。戦国〜江戸初期において姉妹でツンデレ対決を演出した姫じゃん。

ぼじぃ市松いやいや、どうせ秀忠と愛を育み、儚くも強く生きた女性群像!なんて設定になると思うんだ。

めがね治部少輔お江といえば、vs淀 vs春日局と歴史的女性陣と渡り合った女傑っていう感じで話を作っていくんじゃない?
つーか、是非そうして欲しいんですが。

ぼじぃ市松いや、多分違う。まず秀忠が朴念仁ではなく、父とは違って平和を愛した優しい男になってるはず。だって、秀忠役「向井理」だぜ! 

めがね治部少輔えぇ?水木先生? げげげの旦那じゃん!!!

ぼじぃ市松ということでキャストとプロフィールを紹介!! “2011年の大河ドラマ「お江〜姫たちの戦国〜」を大予習だ!” の続きを読む

褒美に焼き味噌を取らせようぞ!徳川家康。

徳川家康
江戸幕府264年の創設者。神君。日本史史上最も長い政権を築き、現在の首都東京の礎を築く。武芸全般に精通し、日本最初のアウトドア派、健康マニアとしても知られる。江戸幕府を通じて大きな戦が少ない事でも安定した基盤を作り上げた事が伺える。

ぼじぃ市松てなわけで家康なんですけどー(投げやり)、家康ってガマン強くて、慎重で、ってなイメージが一般的だと思うけど、三英傑の中で一番人間臭いって。絶対。

めがね治部少輔そーだなぁ。普通に短気だし、意外と考え無しの行動っぽいのも多いしな。
ただ、信長や秀吉の実績って人間の規格外なの多いけど、家康はよくできた良識ある人間のやったことって感じだけど。

ぼじぃ市松だよなー。イライラすると爪噛む癖あるわ、馬の鞍を拳でゴンゴンする癖もあったようだわ。そのせいで手にコブができてたっぽい。イライラしすぎっすよ、権現様。

めがね治部少輔なんつっても、人間くささエピソードNo.1は、やっぱ「焼き味噌」! “褒美に焼き味噌を取らせようぞ!徳川家康。” の続きを読む