書籍「ビジュアル日本の名将100傑」読みました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジュアル日本の名将100傑

ささ、今回の書籍レビューは、「ビジュアル日本の名将100傑」
アスキー・メディアワークスの歴史魂編集部発行の、日本史上綺羅星のごとく輝く名将たちをカッチョよく紹介する書籍です。
歴史魂さんが、光栄なことに当サイトを読んでいただいていたようでご献本いただきました!
ありがたや!

濃い内容。かなりマニアック。

で、結論から申し上げますとですね、「濃い」。いやぁ、濃ゆい。
資料としても一級かと思います。
表紙などのイラストが今風な感じもあって、古風な歴史ファンは敬遠しそうな印象を受けますけどね、これ、一度中見たほうがいいですよ。

Amazonで「なか見!検索」できますので、こちらでちゃっかり見ておいてください。

ビジュアル日本の名将100傑 [単行本] – Amazon

時代解説

それぞれの時代解説がしっかり入ってる。歴史好きなら特定の時代の食わず嫌いはあきまへん。


日本通史での名将の紹介がされているわけですが、単なる人物紹介に終わらず、しっかりとその時代時代の「時代説明」がされていますので、自分が詳しくない時代の人物もイメージしやすく興味をもつキッカケになりやすそう。
「名将の系譜」と称して、各人物の戦略・戦術面での類似点が掲載されているとこもいい。
いいね、そうそう。あー、そうきたか。かなり、いい。
文章もかなり硬派な書き方で、正直初心者向けではないくらい。かなりマニアック。
それぞれの戦での戦術解説などもされており、それぞれが名将たる所以もしっかり理解できます。

それぞれの武将に対する印象を楽しむ。

そもそも、イラストの質がいい。
書籍自体がオールカラーなのでどのイラストも映えてます。ページの下部には実際に描かれたイラストレータさんのコメントが掲載されており、どういう印象を持って描かれたのかしっかり伝わる。このコメントを読んで共感するなり俺ならこうだと考えるのも本書を楽しむ一端でしょうかね。

大海人皇子

最初に出てくるのが、大海人皇子(天武天皇)。いきなり割りとマニアック。

楽しみ方といえば、そもそも100人に絞られてますからね。
そこも、「ああ、この武将入ってる!わかってるなぁ」とか「俺の好きな武将が入ってねぇ。こう書くけどなぁ」と思案するのが愉悦でしょう。

個人的に、紹介されてて「わかってんな〜」と思った将が以下。

  • 藤原隆家
  • 土岐頼遠
  • 村上義清
  • 織田信忠

特にイラストがいいなぁ、と思ったのが、

  • 太田道灌
  • 明智光秀
  • 児玉源太郎

100傑リスト

100傑に選ばれた英傑たち。選考の漏れた方々、残念でした!


他にもいっぱいいますけどね、よく100人に絞ったなぁというのが率直な印象。
編集の方はさぞ大変だったでしょうね。絶対、断腸の思いで割愛したケースもありそうです。

選考に漏れた将の方は、ぜひ次回がんばってください。まだまだチャンスはありますからね。
ご健闘、期待申し上げます。

ぐぬぬな点

ただ、献本いただいたからと言って褒めてばかりもいられないぜ。
そこは、”悪党”な歴史雑談録。So Punk。
大人の事情に逆らうぜ。

個人的に、ぐぬぬに思ったのが、イラストが華麗すぎて読者のイメージが固定化されてしまいそうだ、という点。
できれば、その人物の実際の当時の肖像画など、小さくてもいいので一緒に掲載して欲しかった。ギャップがあっても楽しめるし。
(まぁ、当時の肖像画もその人物の死後に描かれたものが大半なんで、似てないケースも多いでしょうけど)
それくらいですかね。

日本通史に興味を持ってほしい

がっつり良著なんで、歴史ファンの方にはぜひお手元に置いておいてほしい。そんな書籍です。
特に、戦国時代や幕末などのある程度特定の時代が好きな方は、この本で日本通史にぜひ興味を持っていただきたい。そんな書籍です。
歴史魂さんの狙いもそこにあったんじゃないかな、と。
読めば、馴染みに薄かった時代でも、新たに贔屓の武将が見つかるんじゃないですかねー。

歴史魂さんって?

この書籍の著者である、歴史魂さんの情報は以下のサイトからどうぞ。
隔月くらいで発行されている雑誌も内容がかなり濃いので、おすすめです!

歴史魂 公式HP http://rekidama.jp/

ビジュアル日本の名将100傑
アスキー・メディアワークス
売り上げランキング: 160059
歴史魂 Vol.6 2012年 04月号 [雑誌]
アスキー・メディアワークス (2012-03-06)

おのおの方の反応は如何に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です