2011年の大河ドラマ「お江〜姫たちの戦国〜」を大予習だ!

NHK大河ドラマ大奥シリーズ第三弾となる「お江〜姫たちの戦国〜」。江戸初期のおひいさまと言えば誰はばかる事無くこの人なんだけど、ちょっと影が薄いですよね….

ぼじぃ市松来年の大河ドラマ、お江だってね。ちょっと地味だよなー。

めがね治部少輔なんで? すげえじゃん。戦国〜江戸初期において姉妹でツンデレ対決を演出した姫じゃん。

ぼじぃ市松いやいや、どうせ秀忠と愛を育み、儚くも強く生きた女性群像!なんて設定になると思うんだ。

めがね治部少輔お江といえば、vs淀 vs春日局と歴史的女性陣と渡り合った女傑っていう感じで話を作っていくんじゃない?
つーか、是非そうして欲しいんですが。

ぼじぃ市松いや、多分違う。まず秀忠が朴念仁ではなく、父とは違って平和を愛した優しい男になってるはず。だって、秀忠役「向井理」だぜ! 

めがね治部少輔えぇ?水木先生? げげげの旦那じゃん!!!

ぼじぃ市松ということでキャストとプロフィールを紹介!! “2011年の大河ドラマ「お江〜姫たちの戦国〜」を大予習だ!” の続きを読む

やっと「のぼうの城」読みましたよ。

のぼうの城
「のぼうの城」文庫版 上下巻

話題にはなっていたものの、なかなか手を付けなかった「のぼうの城」。やっと読みました。
20万部以上を発行し、2011年に映画化も決定しているらしいですね。

映画化は納得かな、と。理由はあとで描きますね。

時代は戦国、豊臣秀吉の天下統一事業の総マトメにあたる、小田原征伐の時のお話です。
秀吉は、石田三成に対し、成田氏の籠る忍城攻めを命じます。
軍功を上げる機会として気負う三成。
成田長親を中心として、男気・侠気を見せる忍城勢。

最初に、総括の感想を述べておくとすれば、まぁまぁ、面白かったです。
短い時間でさらっと読めましたし、途中で飽きてきたり、読みづまる箇所もなく、テンポがよく爽快な印象です。
歴史に興味の薄い方が逆に楽しめるのではないでしょうかね。 “やっと「のぼうの城」読みましたよ。” の続きを読む

秀吉の! もっといいとこ、見てみたい!

豊臣秀吉
一回の百姓(もしくは足軽)から位人臣を極めた、日本史史上最も出世したと言われる豊臣秀吉。その伝説の数は三英傑の中でもダントツ!その数は源義経と引けを取らない!!現在でもその人気っぷりは高く、後ろ盾無しに出世した人等を「今太閤」と呼ぶのもこの人の影響。

ぼじぃ市松やっぱ日本史史上最高の出世頭、太閤秀吉は歴史物のサイトを作る上でかかせない!
なんだかんだいって、庶民のヒーローなんだなぁ。ウィキペディアのページの長さとか、Googleの検索ヒット数(732,000件)とかすげーし。

めがね治部少輔ほほぉ… (ほかの英傑、織田信長、徳川家康の方がヒット数は多いぞ。まぁ黙っておこう。)

ぼじぃ市松実際トントン拍子っぽく立身出世した雰囲気が強いけど、織田家就職以前は職を転々としているところを見ると、最初のうちはコミュニケーション能力が欠如していたのかもしれない。 “秀吉の! もっといいとこ、見てみたい!” の続きを読む