九州悪党三国志 〜戦国悪人列伝 その弐〜

九州男児と言えば、一本気で逞しく、酒豪である!と豪傑な男を想像します。「立花道雪」「高橋紹運」「島津家久」「島津義弘」といった九州男児の典型とも言える男達が歴史の表舞台で活躍する裏で、おもろい九州男児が多いことも事実です。今回はそういった九州男児の残念な部分を紹介します。

ぼじぃ市松前回から間が空いたけど、悪人列伝シリーズやるぞ!今度は九州編だ。やっぱすごいよな戦国九州三国志。

めがね治部少輔前半は地味だろー。前半の争い少弐氏と大内氏と大友氏の初期三国時代っていっても、いまでいう福岡・大分・佐賀・長崎の一部と小さいエリアでの覇権争い。今川了俊が務めた最重要ポスト”九州探題”があるのに、歴代の九州探題家 “渋川氏” 全然目立ってないし

ぼじぃ市松目立たないうちに滅亡…。まぁでも中期はわりと有名じゃないか?大友・毛利・龍造寺。まぁこれも九州北部のあらそいだけど。ところで島津、いつまでちんまい争いしてんだよ!

めがね治部少輔後期が有名な、島津・大友・龍造寺だな。それまでは本州の影響が残っていたが、ここからは九州男児の漢(ヲトコ)争奪戦だしな。 “九州悪党三国志 〜戦国悪人列伝 その弐〜” の続きを読む

梟雄とよばれて。 ~戦国悪人列伝 その壱〜

世が乱れる時、必ずでてくる乱世の梟雄。古くは中国の三国時代に現れた曹操。彼は乱世の奸雄と呼ばれていました。ロシア末期に出てきた怪僧ラスプーチンや文化大革命の江青なんかもそういうたぐいかもしれません。
ここ日本においても100年の長きにわたる戦乱の世にキラ星?のごとく現れ消えていった梟雄達。ある意味時代に華を添えたといっても過言ではないでしょう。

めがね治部少輔戦国の三梟雄といえば、『斎藤道三』『宇喜多直家』『松永久秀』っていわれるけどさぁ、日本三大梟雄でも『北条早雲』『斎藤道三』『松永久秀』で二人も被ってんだよね。

ぼじぃ市松しかも全員戦国時代だしな。重箱の隅をつつけば北条早雲は室町ですよねーって言うやつがいるかもしれん。まぁそんだけ早雲さんは先駆け過ぎってことだ。

めがね治部少輔それにしても、早雲を梟雄と呼ぶなら、尊氏とか清盛の方が梟雄値高いだろーよ。

ぼじぃ市松高師直なんかもかなり良い線いってるし、非道という意味で言えば尼将軍”MASAKO”がいっちゃん怖いし。 “梟雄とよばれて。 ~戦国悪人列伝 その壱〜” の続きを読む