このセンスは是非もなし!魔王信長。

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本史上、最も有名人といってもいい、かの信長公。
「天下布武」などと、織田軍団にキャッチコピーつけたり(実際は沢彦和尚発案)、はたまた、耶蘇教(キリスト教)を取り入れて、南蛮文明の積極的輸入なフロンティアセンスの持ち主と言われてるが…
ふざけんな! フロンティアどころじゃなかったぜ!

めがね治部少輔「天下布武」とかって、いい方のセンスっしょ?有名どころはいいのばっか。
やべーのいっぱいあるんだって!
信長の息子らの幼名って知ってっか?

ぼじぃ市松えーと、信忠が奇妙丸で、信雄が茶筅丸。
まぁ確かに変だけど、何となくセンスあるかなぁ〜って思える感じじゃね?

めがね治部少輔いやいやいやいや! ヤバいのあるから!
織田信貞(9男)の幼名なんて「人」ひ・と

ぼじぃ市松・・・・。笑えないんですけど。

織田信長の息子 幼名リスト
  幼名
長男 信忠 奇妙丸
次男 信雄 茶筅丸
三男 信孝 三七
四男 秀勝 於次
五男 勝長 坊丸
六男 信秀 大洞 (通称「三吉」)
七男 信高 小洞(こぼら)
八男 信吉
九男 信貞
十男 信良 良好
十一男 長次

めがね治部少輔6男以降、適当過ぎ。信長さん、ぱねーす。

めがね治部少輔「奇妙」も「茶筅」も、信長が、うつけもの全盛期の時の外観だって。なんで自分の黒歴史を息子の名前にするんだ、こいつ。

ぼじぃ市松みどり…
みどりは何となく今っぽいし、衆道全盛期なんだからまぁちょっと背徳感だしちゃったかなぁって思えるが。
「良好」て、状態かよ。「酌」、絶対飲みながら付けたな、こいつ!
つっこみきれねーつの。
にしても「ひと」。いち人間の名前が「人」人と人がささえあう「人」
今問われる人間の名前と尊厳。

めがね治部少輔お前、自分の子の名前、「人」ってつけられる?

ぼじぃ市松いやぁ〜絶対ぐれるでしょ? 今時のDQNネームよりひでー。金八先生もそれは避ける。

めがね治部少輔親父の方がぐれてるからね。残念ながら。

ぼじぃ市松でもとっくの昔に更生してる頃か?安土城とか作ってるときの子供でしょ。
(信貞は天正2年(1574年)生まれ。安土城は1576年に築城なので、実際建造の最中)

めがね治部少輔更年期障害かよ。(「人」が生まれた時、信長は40歳)
信貞が13歳で元服したとしてー、それまで「人」ってよばれてたってことだ。

ぼじぃ市松「人様」。
じゃぁ「おひとさまおひとりさまですか?」とか言われてたのか。福沢諭吉のかの名言もかすむぜ。

めがね治部少輔ぐれるっていうよりも引きこもるわ。完璧に。

ぼじぃ市松いや、まぁそれはそうとして、信長って一般的にはハイセンスっていわれてるじゃん。先進的つーか。マント着たり。地球が丸いこと理解したり。南蛮風鎧きたり、黒人を家臣にしたり

めがね治部少輔その名前もテキトーすぎ。

ぼじぃ市松なんだっけ? 弥介?

めがね治部少輔あぁ、たしかそんなの。地味。
当時の日本の街中じゃ、黒人、すげー目立つのに、名前地味。弥介。
ラオウが、「よしお」って名前みたいな。世紀末覇者よしお。

ぼじぃ市松意外と庶民派なセンスがまたいいと思うんだけどなぁ。

めがね治部少輔そういや、自分の事「第六天魔王」って呼んでた。すげー自称。超中二病

第六天とは仏教における天のうち、欲界の六欲天の最高位(下から第六位)にある他化自在天をいう。この天に生まれたものは、他人の楽しみを自由に自らのものとすることができるという。

Wikipedia「天魔」より

ぼじぃ市松魔王ってだけでも十分いてぇのに、第六天ってw
壮年すぎたオッサンが、魔王。時のトップが、自称魔王

めがね治部少輔子供の頃のヒーロー戦隊でレッド、ブルーをあえて選ばないマイノリティセンス。
会社のボスがさぁ、「えー、皆さんにお話があります。本日より、殿あらため、第六天魔王と呼ぶように。あ、佐藤君、総務には名刺の肩書きもそれにと伝えてください。」って言われたらどうする?

ぼじぃ市松怖いから、呼ぶ。関わりたくない。
ここらへんのセンス、教養人な明智光秀とか細川幽斎とかさぁ、どん引きだ、きっと。え…、なにそれって。

めがね治部少輔あいつ魔王だしー、殺しとく?
それがしってば勇者!
世界の半分もらわないし! って、光秀くんがんばるんだ。

ぼじぃ市松クソまじめだな。きんかん頭。スルーできない日向殿。
そういや、自称と言えば、信長の若かりし頃の自称「上総守」。何とも恥ずかしい自称。

めがね治部少輔あー、上総国は親王任国だから。「上総守」は皇族で、かつ親王しか任官されない有名無実な官職だ。

ぼじぃ市松「信長さん、上総守にしましょうぜ!なんかかっちょいいしょ!」って勧めたヤツいたら、まぁ殺されてるな。
あとで「上総介」に言い直してるけど。どっちにせよ恥ずかしい自称。

めがね治部少輔とまぁ、よく「信長が生きていたら」的な話はテレビでもされるけど、実際、誰も付いてこれなかったような気がする。

ぼじぃ市松死んだあとさぁ、「サル、センスわりー。田舎もんが。」「ヤス、地味過ぎ。つまんねーやつ。」とか思ってる。絶対。自分が飛びすぎなくせに。

めがね治部少輔いやー、信長さんの「人間五十年」は濃ゆすぎ。
つか、冷酷苛烈なイメージながらも、実はジョークに理解のありすぎる御方だったのではないだろうか。

おのおの方の反応は如何に。

このセンスは是非もなし!魔王信長。” への1件のコメント

  1. 信長の息子の幼名、すごいですね!考えてて付けたのか、勢いで付けたのかわからないあたりが、信長さんっぽい。信玄あたりがそんな幼名付けるの想像できないですよねー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です