なかなか楽しい方揃い! 明治時代の総理七人

なかなか楽しい方揃い! 明治時代の総理七人
2010年の大河ドラマ「龍馬伝」も、もう終わり。キャスティングの素晴らしさもあって、大好評のうちに幕を下ろしたように思います。龍馬伝で幕末に興味を持った方々には、是非、明治時代にも興味を持っていただきたいなぁ、と我々は思うのですよ。そういうことで、ちょっと明治時代の新政府側に目を向けてみましょう。

ぼじぃ市松龍馬伝終わったなぁ。いやぁ、おもしろかった。キャラがみんな濃ゆくて。

めがね治部少輔次は「坂の上の雲」やな。なにげに楽しみでして。私。

ぼじぃ市松「坂の上の雲」をもっと楽しむには、明治の政治家・軍人の人となりを知るといいよね、きっと。

めがね治部少輔そりゃそうだ。明治は、軍人と政治家がごっちゃだからな。
「坂の上の雲」の舞台ともなる明治のふたつの対外戦争の時、内閣は両方とも長州閥だな。日清戦争は伊藤博文、日露戦争は桂太郎。軍閥も、どちらかというと長州中心だしな。

ぼじぃ市松しかもその日清戦争勃発時とほぼ同時期に第1回衆議院選挙を行っている。しかも日清戦争中に初代内閣総理大臣就任しかも、日清戦争の宣戦布告直後に、第4回衆議院議員総選挙。まぁ、選挙の方が先に決まっていたんだけど。現在にまで続く内閣制度のはじまりの割には、戦争中に選挙実行ってのがね。呑気なのか、剛胆なのか。

[2011.04.12 追記]
@nabiki_05151101 様よりご指摘をいただき、修正させていただきました。ありがとうございました!!

めがね治部少輔それが明治という時代さ。ふふふ。
さて、小難しい話は止めてですね、明治時代の総理大臣の人間くささをまとめてみましょう。
おのおの、総理としての手腕は置いときましょう。偉人も人間ですからね。 “なかなか楽しい方揃い! 明治時代の総理七人” の続きを読む

維新三傑の憂鬱

維新三英傑の憂鬱
明治の三英傑と言えば、西郷隆盛・木戸孝允・大久保利通。
現代に至る日本の礎を築き上げた、倒幕から近代化の功労者にも気苦労は絶えなかったようで…
大河ドラマ「龍馬伝」ももうすぐクライマックス。大政奉還も間近! ということで維新後の三英傑のお話。

めがね治部少輔最近では大久保利通の再評価がされてるな。よくも悪くも現在まで続く官僚制度を作り上げて、東京遷都、廃藩置県、地租改正と近代化の為に多少強引であっても腕を振るったんだから当然だと思う。

ぼじぃ市松ドラマや小説を見ても西郷の威を借る狐にされていて、明治になったら西郷を追放した大罪人と書かれちゃうから気の毒だなぁとは思ってたが、良かったね。再評価されて。

めがね治部少輔まぁ浸透はしてないけどねw。幕末明治を題材にすると、激動の幕末・成長の明治ってイメージがあるけど、実際は明治10年の西南戦争が終わるまでは維新期だから流動的だし。

ぼじぃ市松まぁ封建体制から立憲君主制への過渡期だから一筋縄にはいかんすよ。

めがね治部少輔維新期に維新三英傑が全員死んじゃってる訳だから、不穏すぎ維新期。 “維新三傑の憂鬱” の続きを読む