維新三傑の憂鬱

このエントリーをはてなブックマークに追加
明治の三英傑と言えば、西郷隆盛・木戸孝允・大久保利通。
現代に至る日本の礎を築き上げた、倒幕から近代化の功労者にも気苦労は絶えなかったようで…
大河ドラマ「龍馬伝」ももうすぐクライマックス。大政奉還も間近! ということで維新後の三英傑のお話。

めがね治部少輔最近では大久保利通の再評価がされてるな。よくも悪くも現在まで続く官僚制度を作り上げて、東京遷都、廃藩置県、地租改正と近代化の為に多少強引であっても腕を振るったんだから当然だと思う。

ぼじぃ市松ドラマや小説を見ても西郷の威を借る狐にされていて、明治になったら西郷を追放した大罪人と書かれちゃうから気の毒だなぁとは思ってたが、良かったね。再評価されて。

めがね治部少輔まぁ浸透はしてないけどねw。幕末明治を題材にすると、激動の幕末・成長の明治ってイメージがあるけど、実際は明治10年の西南戦争が終わるまでは維新期だから流動的だし。

ぼじぃ市松まぁ封建体制から立憲君主制への過渡期だから一筋縄にはいかんすよ。

めがね治部少輔維新期に維新三英傑が全員死んじゃってる訳だから、不穏すぎ維新期。

維新三英傑
木戸孝允 1877年5月26日没。色々と思い通りにいかず下野。下野中に病死
西郷隆盛 1877年9月24日没。西南戦争の反政府側総大将に担がれ戦死
大久保利通 1878年5月24日没。国事に奔走するも紀尾井坂の変にて惨殺される

ぼじぃ市松大久保てさぁ、維新期一番の働き者なのにな。第一、岩倉使節団で欧米視察に行ってる間に、国家の重要事項を決定してはならないという約束を反古にして留守政府が勝手に重要事項を次々と決定するという暴挙にでるから、留守政府の重要人物は下野しなきゃいけなくなった(明治六年の政変)のに、なぜか悪役になっちゃう。

めがね治部少輔一連の経緯で三条実美が過度のストレスで意識不明の重体に陥っているにもかかわらず、西郷どんを含む留守政府下野しちゃうし。

ぼじぃ市松「俺の意見が通らないなら、俺やめちゃうもん!実家に帰らせていただきます!!」ってどんだけわがままなんだ。

明治6年の政変で下野した人達
西郷隆盛 ついでに桐野利秋(幕末の四大人斬りの一人)も下野
板垣退助 下野後、自由民権運動に転じる
後藤象二郎 下野後、自由民権運動に参加するが政府に買収されたり、実業家に転身しようとしたが破綻したりとイマイチしっくりこなくなる
江藤新平 日本の裁判制度や民法の礎を築いた。下野後、佐賀の乱を起こし自らの指名手配制度によって捕まえられる。この人がいなくなったため山県有朋が参政に復帰できる
副島種臣 下野後、民撰議員設立建白書提出まで自由民権運動に参加。西南戦争後政府に復帰する

ぼじぃ市松江藤新平、日本のロベスピエールだな。

めがね治部少輔自分が作った法律で裁かれるって、確かにロベルピエールっぽいな。それにしても反乱にしても、自由民権運動にしても動機が不純だよな。列強の圧力から国を守る為に国を一つにまとまらなきゃって時に、意見が通らないからって下野はねーわ。

ぼじぃ市松結局、岩倉使節団が色々と尻拭い。けど、木戸孝允は結局急進派を抑えられず、下野しちゃうけど。

めがね治部少輔アクの強い人達をまとめあげるのを一人の肩に任せられちゃうんだもんなぁ。気の毒だよ。木戸は重度の鬱で死亡って説もあるし、非常にストレスが溜まる時期だったんだろうな。

ぼじぃ市松木戸さんもしょうがないよ。なぜか長州閥は濃ゆいキャラが多すぎるし。権力大好き山県とか山県とか山県とか。女好きでどうしようもない伊藤とか。むしろ長州閥の首領として恥ずかしくなって鬱病→下野が事実だったり?

めがね治部少輔「お前ら私利私欲にまみれ過ぎ!もー面倒みない!実家に帰らせていただきます!!」と。維新の功労者なのにいじけんなよ…

ぼじぃ市松この人、いじけ癖が昔からあったからね。「どうせ俺なんて」系。気の毒だわ。剣豪だったそうだけど、剣の道は精神修養にはならんかったんだな。

めがね治部少輔長州閥は吉田松陰以来、ワガママ多すぎ。それが松下村塾クオリティ。

ぼじぃ市松大久保さぁは最終的には悪役買っちゃった上に惨殺されて、世間的評価は低い。歴史的偉業はそっちのけで陰険なイメージを後世に残される。

めがね治部少輔「おまんら、本来の目的は列強への対抗だろ!身内でいちいちけんかするな!」って思っていただろうなぁ。西郷どんに関しては一貫して親友の立場で説得してたのに、裏切られた気分だっただろうな。

ぼじぃ市松むごすぎる。西郷どんも基本的には乱を起こしたいとは思っていなかったはずだけど。江藤新平に誘われた時は断固断ってるんだからねぇ。面倒見が良いってのも考えものだな。

めがね治部少輔西郷どんの気の毒なところは、名前だろ!本名は隆永(たかなが)なのに、親友の吉井友美に王政復古の位階授与の際に間違えて提出される。以後隆盛。ウィキペディアですら、ギャグにしてる。

ぼじぃ市松西郷どんは兄弟二人とも気の毒だよな。西郷従道は自分の名前「隆興」を「リュウコウ」と伝えたところ、訛っていたため「ジュウドウ」と聞こえ、「従道」に!!
おそるべし、薩摩なまり。

めがね治部少輔兄弟二人ともあまり気にせず、その後は「隆盛」「従道」で通したってのもすごいよな。さすが大西郷。

ぼじぃ市松名前間違えらてたらさ、木戸さんなら、いじけて下野しそうだし、大久保どんなら粛正の対象だなw

めがね治部少輔うーん、明治三傑、親しみ湧くなぁ。

この記事を気に入りめさば、こちらも読むがよい。

おのおの方の反応は如何に。

維新三傑の憂鬱” への1件のコメント

  1. ピンバック: Tweets that mention 維新三傑の憂鬱 | 歴史雑談録 -- Topsy.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です