平安京の条坊図をGoogle Mapに重ねて遊んでみなはれ。(スマホ対応・GPS機能付き)

このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんのような歴史マニアともなればですね、例えば、京都での待ち合わせなんかは、以下のような感じの日常会話になることでしょう。

「明日の合コン、大内裏は南、美福門で待ち合わせな。」
「二条城の中やんけ、アホか。店、押小路沿いやろ? 皇嘉門あたりがええて。」
「刑部省らへん? うち、二条四坊やから近いわぁ」

という風に、「京都は平安京におます」という前提で見るのが、歴士・歴女の雅なマナーでございますねぇ。

ということで、平安京遷都当初の条坊制の大路・小路を、Google Mapに重ねてみました。(ネットで探してもこれっていう地図がなかったので自作でございます)
以下で遊んでみてくださいね。もちろん、拡大縮小や、スマホでのGPSにも対応していますよ!意外と高機能!
ちなみに、大きいサイズで見たい方はこちらで

平安京Mapをフルサイズで表示

使い方
表示/非表示 ボタン このボタンで、平安京のマップの表示/非表示を切り替えます。平安京の大路・小路と、現在の道路を見比べたい時に押してみてください。
透過 ボタン 平安京のマップの透明度を設定できます。マップが半透明になり、Google Mapが透けて見えますので、お好みの透明度に設定してお使いください。
GPS ON/OFF ボタン Google Mapを、現在地の地図範囲に移動させます。ONのままにしておくことで、自分が移動しても、それに追従してGoogle Mapも移動します。京都の市街地で使うと、ナビ代わりになりますよ。
リセット ボタン 平安京マップの表示、透過度、地図の範囲など、初期状態に戻します。GPS ONで、京都以外の場所に飛んでしまった場合に使うと、すぐに戻れます。

平安京の概要

ご存知のとおり、794年に造営・遷都された京の都。平安京。
桓武天皇によって遷都決定され、葛野の地に、東西4.5km、南北5.2kmの長方形に区画造営された都城でございます。
その平面区画は、中国の洛陽・長安の条坊制にならっており、碁盤の目のように道路が張り巡らされました。
中央に、最も大きな大路である「朱雀大路」が南北を貫いており、この朱雀大路の東側が「左京」、西側が「右京」と呼ばれました。その朱雀大路の北端、平安京の最北部には、天皇の在所となる内裏、それを含む政治官庁がある大内裏があります。
また、先の都である長岡京は洪水の難が多かったため、平安京では仏法による王城保護の思想を取り入れ、「東寺」「西寺」を設置しています。五重塔で有名な東寺は、弘法大師・空海に下賜され、真言密教の根本道場となりました。
ちなみに、この地が「山城国」となったのは、平安京遷都に際し、桓武天皇が「山背国を山城国に改名する」と詔を下したこの時からです。


現在と大きく違うところ

朱雀大路てどこいったん?
平安京の南北のメインストリートである朱雀大路は、現在の千本通に該当します。場所もほぼ同じと考えられます。
ただ、当時の朱雀大路が、幅28丈(約84m)と、クソでかい道であったのに対し、現在の千本通は広いところでも24,5m程度と、半分以下の幅員となっています。
10世紀には朱雀大路の玄関口である羅城門が台風で倒壊、960年の平安京内裏の焼失、戦国時代では応仁の乱によって京の過半数が焼失するなどして、朱雀大路自体も機能しなくなり荒廃していったため、徐々に縮小されていったためですね。
大内裏て、面影すらあらしまへんなぁ
通常、帝のおわす場所、それが内裏。それを囲う宮城全体が大内裏(平安宮)。大内裏には、律令法にならった数々の官庁がございました。
今となっては、その面影すらも見られません。普通の住宅街な雰囲気になっています。
先述の通り、内裏は960年に全焼失し、その後も幾度となく火災に見舞われ、いつしか天皇は里内裏という、仮の御所におわすようになりました。それが今の京都御所(土御門東洞院殿)になります。
南北朝時代において、光厳天皇が移ったのが始まりとされています。
それ以来、元の大内裏のあった場所は、荒廃の一途を辿ることになります。
五条大路と五条通の場所がずれてはんねんけど?
現在の五条通は、当初の平安京での五条大路の場所ではなく、1590年頃、六条坊門小路の場所に移設されました。豊臣秀吉が、方広寺参拝のため、鴨川に架かる五条大橋を六条坊門小路に移設したことによります。なお、元の五条大路は通りとしては縮小され、松原通と呼ばれるようになっています。実際、方広寺は、五条通・五条大橋を通って鴨川を東に渡り、ちょっと南側にありますね。
さすが秀吉、五条通を移設した際に、京で最も大きな通りにしました。なので、現在でも国道1号線となっているなど、今なお京の東西のメインストリートとなっています。
なお、現在の五条大橋には牛若丸、弁慶の出会いの像がありますが、この逸話が本当だとしても、この場所ではなかった、ということになりますね。
右京(平安京の西側)て、あんまし道が残ってまへんな
平安京の造営の当初、宅地敷地として想定されていましたが、この右京の地は桂川付近の湿地帯にあたるため9世紀に入っても宅地化が進みませんでした。10世紀には、京の中心であるべき大内裏の焼失に並行して右京もさらに荒廃。本来禁止されていた農地へと転用されることすらあったとか。そうこうして、平安京の小路もいくつか農道として使われたり、条坊をまたがって農地化されたりして、道が分断されていったためです。
10世紀に慶滋保胤の記した『池亭記』には、「西京(右京)は人家いよいよまれにして ほとんど幽墟にちかし」と書かれています。それほど寂れてたんですねぇ。

平安京 小ネタ

なぜ「上洛」というのか?
中世より、京に上ることを「上洛」といいますが、それは、平安京の右京・左京の通称に由来しています。809年に即位された嵯峨天皇が平安京の西側(右京)を「長安」、東側(左京)を「洛陽」と名付けたからです。
先述の通り、10世紀にはすでに「長安」である右京は荒廃して市街地の体をなしておらず、都としての機能も景観も失っています。そのため、「京=左京=洛陽」としての呼称が実質的に普及し、上京することを「上洛」というようになりました。
ちなみに「上洛」という言い方が一般化したのは、応仁の乱後、戦国時代のことです。室町幕府が京にあり、足利将軍もそこに在したことから、将軍を保護して権威と名誉を得る目的が数々の戦国大名に定着したことに始まります。

ご注意

上記のマップについては、平安京条坊図は学術的な正確さを保証するものではありません。見やすさ、比較のしやすさを優先し、現在の道路網に合わせて作成しております。
また、すべてのブラウザ、スマートフォンで動作確認をとっておりません。一部の環境では動作しない場合がございます。あらかじめご了承ください。

平安京の仰天逸話
平安京の仰天逸話

posted with amazlet at 11.06.04
小林 保治
小学館
売り上げランキング: 77486

おのおの方の反応は如何に。

平安京の条坊図をGoogle Mapに重ねて遊んでみなはれ。(スマホ対応・GPS機能付き)” への10件のコメント

  1. はじめまして。突然のコメントで失礼致します。
    私、京都で開運グッズ専門店を営んでおりますILS晴明庵の岡本と申します。
    当店では、開運グッズの販売の他に無料コンテンツとして怪談ラジオの配信やご自身で出来る開運法を配信させていただいております。
    そのコンテンツの一つとしまして、京都での神社仏閣詣でに関するコンテンツを考えております。その中で、昔の京都の内裏と現在の地図を重ね合わせながら解説をしたいと考えております。色々調べておりました所、御社のブログを拝見しコメントさせていただきました。ビデオの中で是非、御社の地図を使わせていただきながら解説をしたいと考えておりますが使わせていただいてよろしいでしょうか?もちろん番組中で御社のブログの宣伝もさせていただきます。是非、前向きにご検討下さいませ。突然のコメントで大変失礼いたしました。

  2. こんにちは。
    薬の副作用で1型糖尿病の症状が有る2型糖尿病になりました。今は食事療法の後にカロリー減らすために音楽聴きながら腹筋しています。
    ちょっと休憩にネット覗いたら…偶然に登場しました!
    家の実家は西寺の横でかろうじて「平安京」の括りに入ってました。
    子供時代に遊んだ西寺公園は「こんど山」ではたまに時代劇のロケやってます。
    石碑だけ立ってる「羅城門」もしっかり存在していた「平安京」のマップをブックマークに入れて実家に帰った時に使ってみたいと思います‼
    ありがとうございました!

    楽天ブログは「子午線001のブログ」やってます。

    JRの線路から下は東寺迄がどうも…皆に「京都」と認識されている様です…東寺の北門から出て左に向かってったら「ストリップ小屋」が今でも有るんでしょうか?今福岡で奥さんやっているから分かりませんが…

  3. 突然メールを差し上げるご無礼をお許しください。
    私は、アマチュアのファンタジー作家の相川と申します。
    当方ただ今、「インターナショナルなファンタジー」をテーマにした作品を創作中なのですが、
    日本をモデルにした架空の国「中つ国(ミズガルズ)」における魔法界を設定する関係で、
    陰陽師や験者、妖怪や幽霊などのオカルティックな伝説を数多く残す日本の古都「平安京」を調べておりましたところ、先生の記事に巡り会いました次第です。

    現代の地図(グーグルマップ)に平安京の古地図を被せて比較してみるという先生の発想に、自分はとても感銘を受けました。

    現在私が考えている作品の設定と致しましては、千代田区霞ヶ関から港区にわたる地下空間に、平安京に似た条坊制の魔法界が存在し、大内裏にあたる部分が官公庁街「霞ヶ関四丁目」、右京左京にあたる部分が「平安区」という幻の24区目である、というものであります。
    つきましては、今月東京に取材に行く上で参考に出来るよう、是非とも同じような地図を、千代田区外堀通りと桜田通りの交差点「虎ノ門」と大内裏に通じる「朱雀門」を重ねて作っては頂けないでしょうか?

    お忙しい中、突然のご依頼申し訳御座いません。
    拙文にて、ご不明な点等御座いましたら、是非折り返しご連絡頂ければと存じます。
    少ないながら、報酬もご用意して御座います。
    なにとぞ宜しくお願い致します。

  4. こんにちは。
    あまりに素晴らしく、面白く感激しました。
    ブログを書き始めたので、
    画像とリンクを貼らせていただきたいのですが、
    許可をいただけますでしょうか?
    サイトは少年陰陽師の読書感想ほか、つれづれなるままに書き始めていますが、
    テーマもあれこれ変えてみているので、まだ非公開です。
    お返事いただけましたら幸いです。

    • > 画像とリンクを貼らせていただきたいのですが、許可をいただけますでしょうか?

      画像は地図のキャプチャを撮られるのでしょうか? であれば、どうぞ、お使いくださいませ。

      • ありがとうございます。
        感想を書くにも、地名や建物名、通り名が出て来るものですから、
        大変助かります。

        キャプチャとこちらのサイトのリンクを貼らせていただきます。

  5. はじめまして。
    わたくし、大学で平安文学を教えているものです。
    毎年、ゼミ生を連れて京都旅行に行くのですが、
    その時には必ず学生たちに、このHPの平安京の条坊図で現在地を確かめさせながら
    楽しく散策していました。
    ただ、ここ最近、スマホで使うことができなくなってしまい、
    ものすごく寂しい思いをしています。
    どうもその原因となっているのは、アドレスの「http://」の部分らしく、
    サイトへの接続の保護が保証できないということだそうです。
    既に「ご注意」のところに、 
    【すべてのブラウザ、スマートフォンで動作確認をとっておりません。一部の環境では動作しない場合がございます。あらかじめご了承ください。】
    とも明記されていますし、このようなお願いをしていいものか
    1年くらいずっと悩んだのですが、ダメ元で書かせていただきました。
    もし可能であれば、改訂版を作成していただけないでしょうか。

    • げんじ様

      こちらのマップを授業でお使いとのことで、大変ありがとうございます!作った側としてはうれしい限りです。
      ご指摘いただいたブラウザの警告についてですが当サイトがSSL化していないこと、古いGoogle Map APIを使用していることが原因でして、ご不便おかけして申し訳ございません。

      現時点では、いつ対応できるかどうかは明確な回答はいたしかねるのですが、なるべく善処させていただきます。
      対応でき次第またご連絡差し上げますので、どうぞよろしくお願いします!

  6. ありがとうございます。
    お時間がある時でけっこうですので、よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です