九州悪党三国志 〜戦国悪人列伝 その弐〜

九州男児と言えば、一本気で逞しく、酒豪である!と豪傑な男を想像します。「立花道雪」「高橋紹運」「島津家久」「島津義弘」といった九州男児の典型とも言える男達が歴史の表舞台で活躍する裏で、おもろい九州男児が多いことも事実です。今回はそういった九州男児の残念な部分を紹介します。

ぼじぃ市松前回から間が空いたけど、悪人列伝シリーズやるぞ!今度は九州編だ。やっぱすごいよな戦国九州三国志。

めがね治部少輔前半は地味だろー。前半の争い少弐氏と大内氏と大友氏の初期三国時代っていっても、いまでいう福岡・大分・佐賀・長崎の一部と小さいエリアでの覇権争い。今川了俊が務めた最重要ポスト”九州探題”があるのに、歴代の九州探題家 “渋川氏” 全然目立ってないし

ぼじぃ市松目立たないうちに滅亡…。まぁでも中期はわりと有名じゃないか?大友・毛利・龍造寺。まぁこれも九州北部のあらそいだけど。ところで島津、いつまでちんまい争いしてんだよ!

めがね治部少輔後期が有名な、島津・大友・龍造寺だな。それまでは本州の影響が残っていたが、ここからは九州男児の漢(ヲトコ)争奪戦だしな。 “九州悪党三国志 〜戦国悪人列伝 その弐〜” の続きを読む

大河ドラマ「平清盛」で出演を断られてそうな英傑たち

好評放送中の大河ドラマ”平清盛”。日本の水滸伝といっても過言ではない、源平合戦を舞台にした重厚長大の叙事詩と言えましょう。ただ登場人物が多すぎて(しかも名前が同じような名前なので)、スポットを当てる人によっては全く登場しなくなってしまうわけで・・・・

ぼじぃ市松平清盛おもろいな。でも源氏かわいそすぎるし、平氏は忠盛父ちゃんの時代には財力かなり持ってたはずなんだけど、ちょっと貧乏くさいな。

めがね治部少輔源氏、かわいそすぎだろー。義朝兄ちゃんばっかり可愛がられて、ほかの兄弟が全く出る気配ないし、なぜ源氏が東国に強い勢力をもったかは書かれんだろうからな。

ぼじぃ市松平氏の話だからしょーがないといえばしょうがないが、それにしてもドラマ上の設定年齢がいまいちつかめないから今からどんな目玉イベントが待ち受けているか?

めがね治部少輔とりあえず、海賊討伐が18歳の時だから、これからあるのが「重盛」「基盛」誕生、瀬戸内海の制海権を得る。時子との恋、ってとこじゃねーか? “大河ドラマ「平清盛」で出演を断られてそうな英傑たち” の続きを読む