[大河ドラマ] お江の子孫をまとめてみました。

今年の大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」の放送回も、いよいよ半分が過ぎようというところでしょうか。年末に「坂の上の雲」が放送されるので、11月で終了するでしょうからね。
おそらく、お江の死までがお話として放送させるでしょうから、先にお江の死後の歴史も予習しておきましょうかね。

ぼじぃ市松5月の時点で、羽柴秀勝への再嫁のくだりになるしな。彼女の旦那調教の本格化もこれからだ。

めがね治部少輔こちらのサイトにも、検索からで訪問くださる方もいらっしゃる方もございまして、「お江 子孫」のキーワードも多いことですし、お江の子孫をサクッとまとめてみようかな、と。

ぼじぃ市松いつも好き勝手やりすぎてるので、たまには需要のある記事でも書いてみようかなぁ、
と下心丸出しでございます。みんな読めよ。

めがね治部少輔お読みいただいている方は、いつもありがとうございます。
つか、下心でしか記事を書いたことがないけどな。
ということで、以下、お江の子女とその子孫の簡単なまとめにございまする。 “[大河ドラマ] お江の子孫をまとめてみました。” の続きを読む

あの人この人、戦国時代の意外な関係

日本史上類いまれなる群雄割拠の戦国時代。上に下にと、婚姻・政略・謀略が張り巡らされるのは当然でして、狭い日本のことですからね、武将間・大名間においての相関図は、そりゃもう訳の分からなくらいになるわけです。
東北や北関東なんて、大名間でもほとんど血縁ですし、羽柴や蒲生のように名字を与えまくる例もあります。九州では、大友家なんて家中はおろか家臣までもほとんど血縁ですからね。
と、そんな中にも意外な関係性もある訳です。

めがね治部少輔意外な関係というと、あれか、「真田信繁(幸村)は、本多忠勝の親戚で、かつ、豊臣秀次の義理の息子」みたいなのか?
「細川忠興と黒田長政は、超仲が悪い」とか。「伊達政宗と浅野長政は、超仲が悪い」とか。

ぼじぃ市松それは有名すぎて、意外でもなんでもないっしょ。
なんで、仲が悪い系が好きなんよ?キミは。

めがね治部少輔仲が悪い的な関係の方が、メシウマでいいじゃねーか。
じゃー、あれか?「織田信長の織田氏は、本来、守護の越前斯波氏のもと、朝倉氏と同僚だった」的な?

ぼじぃ市松うーん、そういう系。まぁ、それも、織田信長に対して、朝倉義景がその事実を持ち出して大々的に文句言ってるし、意外でもなんでもないって。

めがね治部少輔じゃー、これは?
「菅総理は、菅原道真の子孫!」てのは。菅原道真の曾孫資忠の系譜が、美作菅党の祖となり、岡山出身の管総理の系譜に繋がる。

ぼじぃ市松なるほどー。て、戦国時代関係なくなってるし。
つーか、現代においては、血筋の良さって意味ないんだね、ってのがよく分かるな。
( ;∀;) イイハナシダナー。

めがね治部少輔てことで、我々歴史雑談録が、その拙い知識の中で意外と思われる関係をご紹介しましょう。 “あの人この人、戦国時代の意外な関係” の続きを読む